スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビルト品って?

車の修理に中古部品やリビルト品を使うのって今や常識?なくらいです。

でもね、中古部品にしてもリビルト品にしても規格ってないんですよ。

中古は当然として、リビルト品に規格がないのは意外におもいませんか?

だから、ココでも書かれているようによ~く考えないと、本当の意味での安い!!ではなくなってしまいますよね。
安いのと粗悪なのでは全然違うから、粗悪なものは手を出さないようにしましょう。

粗悪なリビルト品なら、程度のいい中古部品のほうがいいって聞いたことありますから。

私の場合は、まあまあの価格のリビルト品だったから何のトラブルもなく今でも車は元気ですけれど、知り合いのリビルトオルタネーターは、1回目はケースにヒビが入っていてクレーム。取り付け前にわかったから工賃は請求されなくて、ラッキーでした。

保証で交換してもらって次にきたのはケースはOK。

でも、1週間くらいして、夜に走っていたらメーター類の電気がボヤ~って不安定になって、あわてて近くの駐車場に止めたら、もうエンジンかからなくなっていました。

よくあるんですってよ、そんなこと。





まあまあの価格のリビルト品
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。