スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『公認会計士試験 正解数5問アップの法則』は、ボーダーライン確保の秘訣を学べます






秘訣の詳細はこちら


公認会計士試験 正解数5問アップの法則
/>




公認会計士の本試験での合格者は、勝因として、

計算科目でミスをしないように、対策を練った』

『いわゆる〝捨て問〟の見極めと対処に成功した』

と、一様にコメントしています。


『財務会計論』
『管理会計論』


この2科目に集中して出題されるのが計算問題です。


『ケアレスミス』
『時間配分ミス』

この、実力とは言い切れない部分で、合否が決定的になってしまう場合が大変に多い訳です。


『公認会計士試験 正解数5問アップの法則』

ボーダーラインに数問で届く、
その数問を簡単に埋めることが出来るテクニックです。

その実効性を身をもって理解できるように、
『本試験の問題』を基本としてテクニックを学ぶことができます。




このブログは、公認会計士資格試験(短答式試験)でボーダーラインを確保する為のテクニック、『公認会計士試験 正解数5問アップの法則』のレビューを公開しています。


秘訣の詳細はこちら







スポンサーサイト

テーマ : 趣味・実用の通信講座
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。